仏壇の花瓶が汚れる2つの原因とピカピカに保つ対処法とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

仏壇の管理をしていてふと疑問に思う事って、いくつかありませんか?

今回は仏具の「汚れ」についての疑問です。

その中でも、花を供える花瓶が汚れてきたなぁ……と感じることはありませんか?

普通の花瓶と違って、仏壇用の花瓶は金属のようなもので作られていたりしますよね。

陶器やガラス製の花瓶のお手入れなら分かるけど、仏壇に使っている特殊な花瓶の汚れってどうすればいいのか?

そもそも花瓶は主にどんなことが原因で汚れてしまうのでしょうか?

今回は

・仏壇の花瓶が汚れる原因
・汚れた花瓶をキレイにする方法
・花瓶の汚れを予防する方法

について解説していきます。

仏壇の花瓶が汚れる2つの原因とは?

仏壇の花瓶が汚れる原因としてはどんなものがあるのでしょうか?

どんな素材で花瓶が作られているかにもよりますが、その中でもよく使われている真鍮素材について、汚れる原因を調べてみました。

その結果、多くの場合は次に挙げる2点の原因が考えられます。

・経年使用による劣化(黒ずみ、錆つき)

・花瓶の中の水が汚れている

以上の2点がよくある原因となります。

それではそれぞれの原因について詳しく説明していきます。

仏壇の花瓶が汚れる原因その1 経年による劣化

花瓶を含む仏具が汚れるもっとも多い原因としてまず考えられるのが、経年による劣化です。

どんな素材でできているかにもよりますが、多くは真鍮やアルミ等の金属で作られている場合が多く、経年の使用に伴って、黒ずんできたり錆が付いたりします。

また、普段花を供えているとしたら、その水の入れ替え等で頻繁に素手で花瓶に触れていますよね?

そうして花瓶に触れた際の「手汗や皮脂の付着」が原因となって、黒ずんだり錆ついたりします。

さらに、花瓶が長期間空気に触れていることにより、酸化して黒ずむ、錆びることも考えられます。

仏壇の花瓶が汚れる原因その2 花瓶の中の水が汚れている

花瓶を使用する時は水を入れて花をお供えするのが普通ですよね。

その水の「取り換え頻度」が少なく、花瓶の中の水が汚れてしまったことによって花瓶の内側が汚れることも原因の一つとして考えられます。

水は腐敗防止剤など使用しない場合、花を供えたまま長時間放置していると、雑菌が繁殖して濁ったり、腐ったりしてしまいます。

汚れた水を入れっぱなしにしていると、花瓶そのものにもヌメリがついたりして汚れる原因となります。

また、水分は仏壇用の花瓶によくある真鍮素材の錆びつきの原因にもなるんですよ。

水を入れ替えたあとに花瓶周りに水滴がついたままにならないよう拭き取ることを忘れずに、中の水は清潔に保つようにしてください。

ではこれらの原因を踏まえた上で、汚れてしまった時の対処法について、それぞれ解説していきますね。

仏壇の花瓶の黒ずみや錆をきれいにするには?

仏壇の花瓶の汚れとして、最も多いと考えられる黒ずみや錆びつきはどのように手入れをすれば落とせるのでしょうか?

一番簡単な方法としては、「真鍮磨き用の薬剤」を使って磨く方法があります。

ホームセンター等で購入することができるので、その薬剤を軟らかい布に付けて花瓶を磨きます。

花瓶を磨く時は必ず、木綿の布巾やタオルなど軟らかい布を使用してください。

固いナイロンのような布で磨くと花瓶に擦り傷がついてしまいますので注意が必要です。

クレンザーのような研磨剤を使う方法もなくはないのですが、素材の粗いものを使うと同じく花瓶に傷が付くことがありますので、真鍮磨き専用の薬剤を使う方をおすすめします。

経年が進んだ黒ずみや錆はちょっと磨いただけではすぐに取れにくくなってしまうこともあるので、お手入れのタイミングを自分で決めて、定期的に磨く方が見た目を美しく保てるでしょう

例えば、「夏のお盆休みの前には必ず磨く」などと決めておくと良いかもしれません。

花瓶の中の水が原因で汚れている場合の対処法は?

まずは中の水を捨てて、花瓶専用に用意したスポンジ等で優しく洗いましょう。

水が汚れていると、花瓶の中でヌメリが発生していることが多いので、スポンジは花瓶専用で用意しておきましょう。

この時も、花瓶に傷が付くことが考えられますので、タワシやブラシなど固い素材で洗うことは避けておきます。

さらに、仏壇用の花瓶は口が狭く奥の方まで洗いにくい形をしていることも多いので、奥まで手が届かずスポンジで洗いにくい場合、水筒などを洗う柄付きの物を使って洗ってみましょう。

きれいに洗った後は、新しい水を入れて、花瓶の周りに水滴が残らないように拭き取ることも忘れずにしておきます。

中の水を清潔に保つならば毎日交換するようにしましょう。

まとめ:1年に1度は花瓶のお手入れに目を向けて

以上、仏壇の花瓶の汚れる原因についてとその対処法についてまとめました。

花瓶が汚れる原因について振り返っておくと・・・

・経年使用による劣化(黒ずみ、錆つき)
・花瓶の中の水が汚れている

この2点の原因で花瓶が汚れるということを頭の片隅にでも覚えておけば、供花の管理だけでなく、花瓶の手入れも忘れずできるのではないでしょうか?

さらに、忘れない様に心がけるとすれば、やはり花瓶の手入れのタイミングを決めておくことです。

覚えやすいのは「夏のお盆休みの前には必ず磨く」といったように、1年の中でも特に先祖代々の供養を意識する時期に手入れをすれば、お盆も気持ちよく迎えられます。

ぜひ、今年のお盆前に実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました