子供が夏休みで苦痛!ストレスが激減する5つの対処法とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

夏休みに子供と一日中、一緒にいるのがツラいですよね。

何度もしつこく同じ遊びをさせられて、「いい加減にしろ!」ってついつい怒鳴りたくなってしまいます。

あれはイヤ、これはイヤってワガママを言っていうことを聞かなくて困ることもしょっちゅう。

出かけたくても食事や着替えが遅くて、ついイライラしちゃいますよね。

「とっとと準備しろ!」って言いたくもなるでしょう。

こんなことが毎日続くと、本当にイヤになっちゃう。

子供を捨てたい!そう思ってしまうのもしょうがないものです。(冗談ですが)

保育園・幼稚園・小学校が夏休みになったら、こんな毎日がくるって思うと恐怖ですよね。

本当は可愛くてしょうがない我が子のことが、憎くてしょうがない。

そんなお悩みの解決になればと思い、子供が夏休みになったときの子供との接し方や乗り越え方を紹介したいと思います。

子供と毎日いるのがツラいのはあなただけではありませんよ。

一緒に夏休みを乗り越えましょう!

スポンサーリンク

子供が夏休みで苦痛に思うときの対処法

子どもが夏休みになって一日家にいて、苦痛と感じるのはあなたひとりではありません!

大切なのは、完璧になんでもこなそうと思わないこと。

どこかで上手に手を抜いて、苦痛をやわらげないとお母さん自身がパンクしちゃいますよ。

その対処法がこちら。

【苦痛をやわらげる対処法】
・ご飯を作るのは週に2~3食に抑える
・掃除は夏休み中に1~2回だけに抑える
・洗濯物は洗濯機のすぐ近くに干す
・乾いた服はハンガーに掛かった状態でしまう
・おこづかい制にして、子供に服を畳んでもらう

保育園・幼稚園・小学校が夏休みになって、一日中子供と一緒に過ごすってとても苦痛ですよね。

3食ご飯を作らないといけないし、小学生は自分で勝手に遊んでくれるけど、幼児期の子供の場合は一日中遊びに付き合わなければなりません。

とてもじゃないけど、1人だけの時間なんて無くなります。

一緒に遊ばなくてもいい小学生の子供だとしても、自分が家事で忙しいのに子供は暇そうにゴロゴロしてたら正直腹がたちますよね。

約30日もこんな日々が続くなんて地獄でしかありません。

そこで提案なのが、何でも完璧にこなそうとするを止めてみませんか?

家事も全部ちゃんとこなして、子供の遊びにちゃんと付き合ってあげて、近所付き合いもちゃんとこなす・・・

夏休みだけでもお母さんも夏休みしちゃいましょう!

家事も一緒に夏休みにする!

家事をやらなかったら、家庭が回らなくなるじゃないか!って思いますよね。

家事が大変、毎食ご飯を作るのが苦痛って感じている人って全部ちゃんと作らないといけないって思ってませんか?

家族の健康のためにも、毎食ちゃんとご飯を作ってあげないと・・・って思っている人が多いように感じます。

そこで提案なのが、週に2~3食程度だけ食事を作るっていう方針にしてみませんか?

週2~3日じゃないですよ!週に2~3食です。

あとの食事はコンビニ、スーパー、外食・・・夏休みの間はそれでいいじゃないですか。

たった1ヶ月くらいそんな食事をしても病気を持っていなくて、食事の制限がない子供だったら心配ありません。

食費がバカにならないよ!って思われるかと思いますが、たった1ヶ月の辛抱です。

ギャル曽根並にご飯を食べる子供なら1ヶ月で何十万円も食費がかかると思いますが(笑)

夏休みの間は自分も夏休みをするつもりで食費の出費を抑えることもやめてみましょうよ。

食事は分かったけど、家の掃除と洗濯はどうするんだよ!って思ってますよね。

家の掃除は夏休みの間に1~2回やればいいじゃないですか。

子供が食べたものをこぼして汚れたとか以外は掃除することもお休みしましょうよ。
洗濯も工夫をしてラクしちゃいましょう!

洗濯を手を抜いて楽に済ます!

さすがに家族の人数が多いと洗濯は2~3日に1度でいいじゃない・・・とは言えません。

そんなことをしたら洗濯物が溜まりすぎて、次に洗濯するのが億劫になってしまいます。

ここで、私は考えます・・・

洗濯自体は洗濯機がやってくれるので、洗濯で面倒なのが洗濯物を外に干すことと乾いた服を畳むことですよね。

洗濯物って必ず外に干さないといけないんでしょうか?

洗濯物って乾いたら必ず畳まないといけないのでしょうか?

そんなの当たり前じゃん!って思った人もいますよね。

これって本当にそうなんでしょうか。

「服を日に当てて干さないと衛生的じゃない!」「服が乾かない!」「服を畳まなかったらタンスに収納できないじゃないか!」っていう問題があります。

ここを無くせばもっと洗濯っていう家事がラクになるのではと私は考えます。

風呂場の脱衣所に洗濯機を置いている家庭も多いですよね。

そこで、洗濯物は脱衣所に干してしまうことを提案します。

物干しラックを購入しなければいけないけど、洗濯したものをそのままその場で干せるって、これ結構便利じゃないでしょうか。

乾いた服は畳まずにハンガーにかけたまま収納してしまえばいいと思います。

こういったちょっとした工夫をすることで、家事を少しでもラクにすることができますよ。

あとは、夏休みの間だけアルバイトという名のおこづかい制にして、子供たちに服を畳むのをやってもらう方法もあります。

兄弟がいれば服1枚2~3円とかに設定をすると、お金がたくさん欲しくてお互いに競い合って洗濯物を畳んでくれることでしょう。

頑張れば頑張っただけの報酬が得られるという感覚も身に着けることができます。

畳み方が汚かったら、1枚1円に減るというルールにすれば丁寧にやってくれそうですし。

苦痛を減らす夏休み中の子供との遊び方

子供が小学生だったら、自分で勝手に遊んでくれますよね。

しかし、幼児期の子供の場合は親も一緒に遊んであげる必要があります。

だけど、子供の遊びは同じことの繰り返しで子供の中のルールで遊びが展開されますよね。

大人からするとその遊びは一体何が楽しいんだろうって感じたり、ありえないルールに困惑することも多いかと思います。

子供は同じ遊びを何時間やっても楽しいけど、大人はすぐに飽きます。

飽きた遊びを何度もやらされるのってツラくて仕方ありません。

強制的に終わりにしても子供はやめてくれませんし。

「いい加減にして!」って叫びたくなります(笑)

そこで、遊びに関しては親が主導権を握ってしまいましょう。

・自分が苦痛に感じない遊びにシフトチェンジする
・その子が好きな遊びを実践的に切り替えてみる

私は塗り絵や絵を書くことは嫌いじゃないので、「〇〇ちゃんがこの前書いてくれた絵ここに書いて~」とか「私が書いた絵に色付けてあげて」など私が得意な方に持ちこみます。

乗り物ごっこが好きな子だったら実際に電車に乗り、あてもないお出かけをするとか、散歩をして色んな車を見て楽しむのもいいでしょう。

ひょっとしたら、車の掃除もきっと進んでやってくれるのではないでしょうか。

ヒーローごっこが好きな子なら、いっそのこと空手など体を動かす習い事をさせるのも手です。

おままごとが好きな子なら、実際に家事を手伝わせるという方法があります。

子供が好きな遊びを実践にシフトチェンジさせられないかなって考えてみましょう。

夏に子供をコスパ良く遊ばせられる場所

子供を格安で遊ばせられる場所を紹介したいと思います。

【国営武蔵丘陵森林公園】
埼玉県にある森林公園です。
年中花を観賞することができて、園内には日本一大きなエアートランポリンが設営されています。

むさしキッズドームと呼ばれる小さな子供も安心して楽しめる遊具エリアや、巨大な水遊び場も設置されているので、夏でも子供たちを楽しませることができますね。

入場料やその他、詳しいことは国営武蔵森林公園のホームページをチェックしてみてください。

【きぼーる千葉市子育て支援館】
千葉県にある子育て支援施設。
室内なので、夏の暑さを気にしないで遊ばせられる施設です。

遊具、絵本、おままごとなど遊べるコーナーも取り揃えています。
看護師や保育士なども常駐しているので、子育てに困ったことがあれば相談をすることもできます。

【那須ガーデンアウトレット】
栃木県の那須塩原市にあるリゾート型のアウトレットです。
園内には、池があり子供たちを水遊びさせることができます。

室内で遊べる遊具もあるので暑い夏でも、子供たちを安心して遊ばせることができます。

【みえこどもの城】
三重県松阪市にある体験型の施設。
体を動かして遊ぶことのできるプレイランド、プラネタリウム、アート工作など様々な体験をすることのできる児童施設です。

入館料は無料ですが、なかには有料体験もあるのでホームページで確認してみてくださいね。

【明治なるほどファクトリー関西】
大阪府にある明治の工場です。
子供が小学生以上なら、バター作り体験もすることができます。

工場見学の詳細は明治のホームページをご覧ください。

【淡路島国営明石海峡公園】
兵庫県にある公園。
中学生以下の子供は入園料が無料になります。

関西最大級の遊具や水遊びができる池があるので、小さな子供も楽しめるでしょう。

夏休みには預かり保育を利用しよう

どうしても子供といることがツラくいから、どこか子供を預けられる場所はないかなって考えている人もいることでしょう。

そこで提案なのが、夏休み期間だけ預かり保育で子供を預けることです。

基本的には共働きの家庭が対象のことが多いようですが、共働きではない家庭でも預けることのできる幼稚園もあるので探してみてくださいね。

預かり保育で子供を預けている人によると、夏休みで一日中家に子供がいると生活のリズムが崩れてしまうもの。

預かり保育に行かせることで生活のリズムが崩れないので「利用してよかった」という声も多いですよ。

お父さん、お母さんが1人の時間が持てるようになるのはもちろん、子供たちも一日中家にいるよりも預かり保育に通った方が友達と遊べて楽しそうにしているそうです。

預かり保育の料金相場は園によって変わりますが、1日約1,000~2,000円ほどでしょう。

預かり保育の場合は、おやつやお弁当など用意しないといけない園もあるようなので、確認をしてみてくださいね。

まとめ

子供が夏休みになったとき、一日中子供と一緒にいるのがツラいと悩んでいる人は、

・家事をいつもどおりにこなすことはやめてみましょう。
・子供と遊ぶときは、主導権を親が握りましょう。
・子供をどこかに連れて遊びにいきましょう。
・預かり保育で子供を預けましょう。

子供と一日中一緒に家にいるのがツラいのは、あなただけではありません。

みなさんも悩んでいることなので、工夫をすることで夏休みを乗り越えましょう!

タイトルとURLをコピーしました